塗装カラーシミュレーションでの色決めで失敗しないコツ

こんにちは。寒いのが苦手な工事部の茂家です。やっと暖かくなってホッとしていたら、あっという間に桜も散ってしまいましたね。
今回は、カラーシミュレーションによる色決めで失敗しないコツと、2月に施工したお客様のカラーシミュレーションをご紹介します。

外壁・屋根塗装により、一番変わってくるのは外観です。
そして、一番の楽しみは色決めです。
「今はベーシックな色で落ち着きがあるけど、今回は色分けもして、モダンな感じにしたい。」「目立つ明るい色にしたい。」「でも、この組み合わせだとどんな感じになるのか。」「我が家に合う色は何色か。」「こんな外壁は派手すぎる?」

そんな時に役に立つのが「カラーシミュレーション」です。
塗装カラーシミュレーションには、気軽にできる「アプリ」を使用するものと、「画像編集ソフト」を使用するものがあります。

「アプリ」を使用するシミュレーション

いくつかの家のタイプから、ご自宅に近いタイプを選び、屋根・外壁・雨樋などのパーツの色を決める。
【メリット】プロに依頼する必要がなく、WEBなどで自宅でもできる。
【デメリット】実際の家とは形状や細部が異なる為、自宅で塗った場合のイメージが付きにくい。塗料の種類・色が限られている。ご自宅に希望の塗料が使用できない場合もある。

「画像編集ソフト」を使用するシミュレーション

プロに依頼し、ご自宅の写真を元に、屋根・外壁・雨樋・破風・その他の色の組み合わせを確認する。
【メリット】現在のご自宅に合った塗料や色、おすすめなどもプロに相談できる。景観や陰影が反映されるソフトが多く、実際に塗った場合のイメージがつき易い。
【デメリット】塗装工事を検討していないと依頼できない。日数を要する場合が多い。シミュレーションができない塗料(特殊塗料など)もある。

どちらも、メリット・デメリットを理解して活用する必要があります。

しかし、一般的には「カラーシミュレーションでの色決めで失敗した」という話も良くある話。
なぜ失敗するのでしょうか。

カラーシミュレーションで失敗する原因

  • カラーシミュレーションと同じ様に完成すると信用しすぎてしまう。
    特に、鮮やかな色(赤や黄色など)は実際に塗装をするとシミュレーションと感じ方が違ってきます。
    それは、屋外では日の当たり方や景観により色の見え方が変わってくることや、面積が大きくなると色の感じ方が変わってくることが原因です。
    また、シミュレーションや板サンプルでは実際の質感が表現できません。
  • 依頼した業者の説明不足。
    例えば、紙で印刷した場合は、印刷した機械のインクの出方により色が微妙に変わってきます。
    どうしてもシミュレーション通りにはならない色や塗料もあります。
    気軽に質問できる業者でないと、確認不足のまま施工が進むことになります。
  • 景観との調和
    自宅の外壁は思い通りになっても、ご近所の家との調和が取れていないと、一軒だけ浮いてしまうことも。

では、どうすればカラーシミュレーションで失敗しないのか。

  • カラーシミュレーションはあくまで「イメージ」と理解しておく。
  • 信頼できる業者に依頼し、実際にはどのように変わってくるかなど、納得がいくまで話を聞く。
  • 最終的には、板サンプルを取り寄せてもらい確認する。
  • シミュレーションをした外壁色に近い家を実際に見てみる。(写真でも参考になります)
  • その上で、ご自宅とは日の当たり方・景観が違う事を考慮しておく。
  • できれば、近所の家が入った写真でシミュレーションをしてもらい、ご近所の家と調和がとれているかを確認する。

個人的には、「なんでも気軽に質問できる、信頼できる業者選び」が一番大切だと考えます。

今回のお客様(S様)は、落ち着いたオレンジブラウンの壁でした。

町内に最近出来た家の外壁色が気に入ったとの事で、私も実際に見に行ってきました。
オレンジ色の外壁に、幕板や樋・破風を白にした、南欧風の明るい家でした。

それを参考に、S様邸に合ったシミュレーションをいくつか提案。

S様邸は施工前、幕板や樋が濃い茶色でした。これに真っ白の塗料を塗ると、色むらが出る可能性がある為、白に近いクリーム色を使用。
外壁色はすぐに決定したので、屋根やベランダの色を何パターンか作成しました。

何度かお客様と打合せをし、ご希望を伺いながら提案を繰り返して決定。
最終的に塗料メーカーからA4サイズの塗り板サンプルを取り寄せ、ご確認頂きました。

そして、先日完成した実際の写真がこちら。

お客様から「大満足」とのアンケートも頂き、大変大変嬉しく思います。

引き続き、お隣の御子息のご自宅を施工させて頂いております。

S様、ありがとうございました。

外壁塗装のカラーシミュレーションについて

>ブログ記事一覧