鎌ケ谷市・船橋市の外壁塗装・屋根塗装は大黒建装へご相談ください

鎌ケ谷市・船橋市の外壁塗装・屋根塗装は大黒建装へご相談ください

外壁塗装の基礎知識

こんにちは。

住宅の外壁塗装を考える時、一般的に気になるのは「価格」と「品質」かと思います。

「塗装会社に見積りを依頼したは良いけれど、見積書のどこを注意して見たら良いか分からない。」
「いろいろな塗料があるけれど、何が良いの?」
「安くて長持ちするおすすめの塗料は?」

外壁塗装の基礎知識とポイントを押さえておけば、激安価格やセールストークに惑わされて契約し、数年後に後悔するということも避けられます。

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の流れ

お問合せから工事完了までの流れは以下にて説明をしています。

>外壁塗装 施工の流れ

この中で重要なのは、完成後に見えなくなる「下地の調整~下塗り」です。
ここで手を抜くと、どんなに高価な塗料を使用しても塗料の性能を生かせずに耐久性が低くなります。

見積時のチェックポイント

施工箇所の説明とその内容が、見積書や現地調査報告書できちんとされているかを確認します。
施工前の壁や屋根の状況により、下地調整にかかる手間や材料費が変わります。
現地調査をしっかりと行わないで見積りを出してきた場合、契約後に追加料金が発生する事があります。
または、適切な補修・下地調整を行わずに工事を進めてしまうかもしれません。

現況がどうなっているのか。どう補修・施工するのか。
契約前に確認をした方が良いでしょう。

内容説明を受けずに金額だけで業者を決定する事は危険です。

 

塗料の決め方

外壁に使用する塗料は、現在の状況や環境、お客様の求める耐久性や予算などを考慮して決める事が多くなります。
外壁には、モルタル・サイディング・木材・コンクリート・ガルバリウム鋼板など、様々な種類があり、それぞれの外壁と相性の良い塗料を使用する必要があります。
一般的に、長くやっている塗装会社は、耐久性とコストパフォーマンスに優れた塗料を普段から使用しています。

予算や求める耐久性・美観などを伝え、それに合った塗料を提案してもらいましょう。
1社の提案で不安な場合は、複数社に話を聞いてみると良いです。

【大黒建装が住宅の塗り替えに使用している塗料】

大黒建装が使用している塗料の例は以下の通りです。
※外壁の状況やお客様とのお話によって提案内容は変わります。

例1)スタンダードコース
外壁:パーフェクトトップ、UVプロテクトクリヤー
屋根:サーモアイシリーズ

例2)ハイグレードコース(サイディング用)
外壁:WBアートSi(WB多彩仕上げ工法):サイディング外壁を、塗りつぶさずに表情豊かで立体感のある仕上がりに塗装する工法
>詳しくはこちら

例3)ハイグレードコース(石材調)
外壁:ペリアートシリーズ、ジキトーンシリーズ:石材調模様仕上げ塗材

>外壁・屋根塗装プランのご案内

まとめ

ご自宅の塗り替えの際には、金額だけではなく、施工の内容や使用する塗料について直接説明を受け、納得した上で契約する事をお勧めします。
特に、破損箇所の補修や下地の調整をきちんと行う業者かどうかの見極めと確認が大切です。