鳥インフルエンザなどの急性悪性家畜伝染病発生に備えて

こんにちは。
先日、近所の木蓮がきれいな花を咲かせていました。まだ寒い日もありますが20度を超える日もあり、今年は桜の開花も早いようですね。

さて。毎年この時期に流行る事が多い、鳥インフルエンザなどの急性悪性家畜伝染病発生。
大黒建装が所属する「一般社団法人千葉県塗装工業会」は、千葉県と協定を結び、発生時に迅速かつ円滑に消毒作業にあたれるように備えています。
先日、社長と工事部長が説明会に参加し、発生時の消毒運営の概要やポイント講習、業務の実施演習を受けてきました。

基本的な考え方は、病原体の封じ込めと拡げないための対応「発生農場対策」と「周辺対策」となります。

昨年の今頃、千葉県旭市で鳥インフルエンザが発生した際には、発生農場を中心とした制限移動制限境界線上に設置された消毒ポイントでの車両消毒作業を行いました。
(写真は昨年発生時のものです)

車両消毒は、タイヤや車両下部を特に念入りに、全体に行います。


また、車内や足マット、運転手の靴裏などの消毒も行い、泥や糞がしっかり落ちていることを確認します。
今年は発生しないことを願うばかりですが、万が一発生した場合は、被害を最小限に抑えるべく尽力してまいります。

>ブログ記事一覧